人材を集める

人材の募集は組織にとって”経営判断”と同じぐらい重要だといわれます。人事担当から言わせてみれば、当然の認識だとおもいます。
しかし実際に、人材募集へのパワーをどれだけかけているか・・・

あなたの ”働く人を集める” ことへのパワーのかけ方は
他社と比べてしっかりとできているといえますか??

まずは質問です。

  • あなたの組織で、どれだけの人数の人を募集したいと考えていますか?
  • あなたの組織で、昨年1年でどれだけの人数を目標に募集しましたか?
  • あなたの組織で、昨年1年のtotalの応募数は?また採用数は?定着率は?
  • あなたの組織では、どんな人に働いてほしいと考えてますか?
  • ぶっちゃけ、人材募集は成功していますか?
  • 人材募集における有効な手立てを知っていて使っていますか?

これらの質問にあいまいな答えにならずしっかり答えれるのであれば、
あなたの組織ではとてもしっかりと、”人材募集”に向き合っているといえます。

 

まあたいてい、人材募集はしっかりやってる困っていないと、
自信のある人はたぶんこの記事は読んでいませんね(笑)

数値化する

質問でもありましたが、
応募状況を数値化することは、現状を把握することにおいて
非常に重要です。
数値化し状況把握が適切にできれば、
対応の方法などの検討もカンタンにできます。
あたりまえなことですが、
できていない方が非常に多い・・・・

最低でも、

  1. その月の応募者の数
  2. その月の採用者の数
  3. その月の退職者の数

の把握はしておいた方がいいです。

数値化は必要ない。うまく募集できる方法は???

数値化するとかはどうでもいいから、人集めの方法をしりたい。
といわれる方は非常に多いです。
現状の把握なしで、適切な対応とはならない可能性が高いのですが、

あえていいます。
現状では求人検索エンジンの運用をおススメします。
CMでおなじみindeedは有効です。

ほかにもある求人検索エンジンでは
indeedには及ばないものの、 (失礼!)
求人ボックスや、キャリアジェットといった
求人検索サイトの利用も同時検討してはいかがでしょうか。

また、求人検索エンジン単体利用での人材募集は
一定効果があがりますが、
さらに、人材募集成功の方法で良いのが、
自社の求人サイトまたは、求人ページを利用し
応募効果を伸ばしていくのがコツです。

ちなみに、、、
求人検索エンジンの利用はある程度の、
WEB求人マーケティングのノウハウ、知識が必要です。
少し聞いてみたいことなどあれば
お問い合わせください。

また、まったくわからないけど、
indeed運用をやってほしい、という方、
サポートします
こちら indeed運用代行

まとめ

人材募集で成功したいなら、
まずは、現状の把握です。
どこに問題があるのかの現状をしっかり見極め、
次は適切なアクションを行ってください。

そんな現状把握なんてしたくない。
とにかく、人材の応募数を獲得したい。。。
であれば、気軽にスタートできる
求人検索エンジンの利用を検討してみてはどうでしょうか。